fc2ブログ

HG ガンダムグレモリーを作る その1

2021101927843763002.jpg
今回は気になる部分だけ手を入れてグロス塗装で仕上げようと思っているグレモリー。
まずは合わせ目を処理していきます。
頭部はヘルメット部分が左右分割になっているので合わせ目が出るのですが
2021101927843763003.jpg
この○で囲っているリブを切り落とすだけで簡単に後ハメ可能な構造になっています。


2021101927843763004.jpg
切り落とした後はきちんとはめ込めるか確認してからヘルメットパーツを接着しておきます。


2021101927843763005.jpg
頭部のアンテナですが、説明書などでは鋭く尖った形状をしているものの、
キットでは途中で切り落とされたような形になっているのでプラ板を貼ってから削り込みます。
アンテナ側面にある四角いモールドはヒケ処理の邪魔になるので表面処理時に削り落とします。


2021101927843763011.jpg
2021101927843763010.jpg
アンテナを尖らせつつ各モールドを彫り込んでディテールを強調し
頬や顎部分なども薄く鋭く削り込み全体的に刺々しくしました。
適当なプラ材でアンテナ側面の長方形モールドを作り直そうかと思いましたが、
無いほうが好みだったのでこのままにします。


2021101927843763001.jpg
続いて膝周りの合わせ目です。
こちらは合わせ目の反対側にパーティングラインがあり、
ディテールのように見えるようになっているため


2021101927843763012.jpg
このパーティングラインに沿ってスジボリを入れ、反対側は段落ちモールド加工しておきました。


2021101927843763013.jpg
ふくらはぎのフレーム部分にある合わせ目はプラ板を貼って隠します。


2021101927843763006.jpg
アンカーも刃部分に合わせ目が出るため接着し
刃先やグリップの先端にプラ板を貼りヤスって尖らせます。


2021101927843763007_202110191858383c4.jpg
2021101927843763008_2021101918583936b.jpg
合わせ目を消すと同時に刃部分も断面が△になるよう削り込んで整えます。


gremory041.jpg
2021101927843763009_2021101918592648c.jpg
アンカーの破損部分はちょっと単調な気がしたので
リューターや彫刻刀で彫り込んでよりデコボコした状態に仕上げました。
次回は軽くディテールアップをして表面処理などを進めていきます。


(プレミアムバンダイ)
iconicon
HGAC ガンダムアスクレプオス2次発送分などが受注されています

(amazon)


(あみあみ)

・ガンプラ新作、再販予約一覧


関連記事