fc2ブログ

HGUC Ξガンダムを作る その12

202111044783778364004.jpg
前回白部分などを塗装して大体の基本塗装を終わらせたHGUCクスィー。
今回も細かい部分を塗り分けていきます。
202111044783778364005.jpg
胸部や頭部など一部フレーム色で塗り分ける所があるのでそちらをマスキングして塗り分け。


202111044783778364006.jpg
シールドはライトグレーで塗り分ける必要があるので調色した白にニュートラルグレーを加えたもので塗り分けておき、
さらに好みで装甲の一部をチマチマしマスキングして塗り分けておきました。
塗り分けた部分もパールコートしてあります。


202111044783778364007.jpg
202111044783778364008.jpg
(左側の黄色テープがクレオス、右のオレンジテープがタミヤです)

ずっとマスキングテープはタミヤの物を使っていたのですが、
ちょっと気分を変えてクレオスの物を買って使ってみました。
フチが荒れるような事もなくビシっと塗り分けられタミヤと遜色のない品質でした。
あとかなり薄く感じるのでカットもしやすかったです。
ただ専用のケースが無いのはちょっと使いづらいので出来ればそちらも出してほしいですね。
上の画像のようにタミヤのケースが流用できますが、芯が太いので中でちょっとガタつきます。


202111044783778364003.jpg
クリアパーツ化したツインアイはガイアノーツ蛍光グリーンで塗装し、
裏側にホログラムフィニッシュを貼り付けておきました。


202111044783778364001.jpg
続いてファンネルミサイルですが、こちらはかなり小さく持ち手を取り付けるような所もないので
ブルタックに突き刺して半分ずつ塗装しました。
本来はフレーム色のようですが、フレームを塗り分ける時に使った淡いグレーで塗装しています。


202111044783778364002.jpg
このファンネルミサイルの塗り分けが結構面倒で、モールドがダルめな上に
モールドの無い所まで塗り分けなければならないので
完全に乾燥する前なら爪楊枝の先などで手軽に修正できる水性塗料のファレホホワイト&カーマインレッドを使い
筆塗りで白と赤を塗り分けました。写真では間違ってオフホワイトを写していますが使ったのは普通のホワイトです。
ラッカー塗装の上から塗れば、ミスしてもしっかり乾燥する前なら爪楊枝などで軽く擦れば修正できます。
黒いラインはハセガワフィニッシュシートつや消しブラックを細切りにして貼り付けています。
これならモールドがない所のラインも簡単に再現できます。
後はコンテナ部分の3Dプリンタで作ったファンネルミサイルも同様に塗装し
墨入れ&デカールを進めていきます。

(プレミアムバンダイ)
iconicon
RE ガンダムリントヴルム(18時予約開始)

iconicon
HG対応 Gストラクチャー各種

(amazon)


(あみあみ)

・ガンプラ新作、再販予約一覧








関連記事