fc2ブログ

HG ガンダムキャリバーンを作る その2

202309134798379432009.jpg
前回頭部の加工をしたHGキャリバーン。
今回は目立つ合わせ目を処理していきます。


202309128539782974012.jpg
腰にあるパーツですがこちらは合わせ目の反対側にパーティングラインがディテールのように入っています。
なので今回はパーティングラインと同じ位置にスジボリを彫り、合わせ目は段落ちモールドにするようにして処理しました。


202309134798379432010.jpg
スジボリ&段落ちモールド加工後。
根元も同様に段落ちモールドを彫っておきました。


2023091347983794003.jpg
バックパックのスラスターユニットは挟み込みになっているので開く部分のパーツをネオジム磁石接続に変更。
元のダボ穴を利用して穴を3mmに広げ磁石を接着しておきます。


2023091347983794001.jpg
2023091347983794002.jpg
開く部分のパーツもピンを切り落とし、2mmの穴を開け磁石を埋め込んでおきました。
底面を平らにして穴を開けたい時はスピンモールドなどがあると便利です。


202309134798379432005.jpg
後は接着するのですがこのダクトのような部分が結構目立つ位置でちょっとのっぺりしている感じなので後で作り直そうと思いくり抜く事に。
それとフチの盛り上がっている部分の合わせ目はV字になっていて接着しただけでは隙間が開くのでパテで埋めておきます。


202309134798379432006.jpg
あとは接着した後に合わせ目を平らにしてサフを吹きアラがないかチェックしておきます。
今回は硬化スプレーを吹けばすぐ削れるシアノンで合わせ目を消しています。


202309134798379432003.jpg
続いてバリアブルロッドライフルですがグリップが挟み込みになっているので目立たない部分に切れ込みを入れ後ハメ可能にして


202309134798379432004.jpg
後端の支柱パーツも矢印部分にある引っかかりを作るダボを若干残してカットし後ハメ可能にしておきました。


202309134798379432001.jpg
砲口は別パーツにして作り直したほうが後々色々楽そうだと思いカットしておきました。


202309134798379432002.jpg
同時に大きめのセンサーも結構目立つ部分なのでクリアパーツ化と内部パーツを作ろうと思うのでカットしておきます。


202309134798379432007.jpg
後は接着してヤスり、合わせ目を消すのですがパーツ自体が長く、
結構デコボコしたデザインなのでフチやエッジを潰さないよう気をつける必要がありました。
それとフレームに繋ぐ部分など接着剤をつけたりすると後々除去が面倒そうな所もあるので
接着剤をつける場所もよく確認した方がいいかも。


202309134798379432008.jpg
これで目立つ合わせ目部分の処理は終わりました。
次回から本体の加工や表面処理を進めていきます。

[広告]
iconicon30MS スティプラ=ステロイ

iconicon
METALBUILD プロヴィデンスガンダム

(amazon)


(駿河屋)

HG ガンダムキャリバーン



(あみあみ)


(DMM)



関連記事