fc2ブログ

HG ガンダムキャリバーンを作る その3

202309143239840020.jpg
できるだけ手早く完成させていこうと思っているHGキャリバーン。
腕部や胸部などの表面処理を終わらせ、ちょっとした加工を加えていきます。



2023092019278492734007.jpg
まずは各パーツをヤスってゲート跡やヒケなどを取りますが、このキットはほとんどそういった目立つヒケがなく
パテもこの部分に使ったぐらいで済みました。


2023092019278492734003.jpg
2023092019278492734002.jpg
各部の装甲は装甲が結構複雑に組み合わさったような形状をしているので
このあたりのモールドを彫り直し別パーツ感を出しておきます。


2023092019278492734004.jpg
タガネやケガキ針で軽い力で少しずつ彫り込んでいきます。
これは普通のプラなのでまだやりやすいですが、
KPSだと力を入れるとめり込む事が多く、変な方向にスジがずれる時があるので焦らず作業します。
面倒で地味な作業ですがこういった部分を彫っておくと立体感が出てスミイレなども滲まずシャープな印象になります。
今回は0.15mmのタガネで彫り込みました。


2023092019278492734005.jpg
彫り直したら忘れずに削りかすも取り除いておきます。
歯ブラシでも良いのですが昔紹介してから使っている毛羽立ち取りブラシのような物をリューターに付けて作業すると手早く終わります。


2023092019278492734006.jpg
胴体と同時に腕部の装甲も彫り直しておきました。


2023092019278492734009.jpg
そしてちょっと気になっていたのですが、肩アーマーは白い接続ピンが丸見えで目立つのでカバーパーツを作っておくことにしました。


2023092019278492734013.jpg
2023092019278492734014.jpg
採寸してCADで設計し3Dプリンタで印刷します。
パーツのモールドは肩装甲のモールドと合わせた感じにしてみました。


2023092019278492734010.jpg
最後に接着するのでパチ組みの物に乗せただけですがこれでピンが隠せるようになりました。


2023092019278492734012.jpg
後はアンテナもさらに削り込んで尖らせこれで上半身の表面処理などは終わりました。
次回は下半身の作業を進めていきます。

[広告]
(プレミアムバンダイ)
iconicon
HGUC リゼル(ディフェンサーbユニット)【再販】

iconicon
MG ガンダムアストレイ レッドドラゴン 【再販】【2次:2023年11月発送】
・レビューはこちら

(amazon)


(駿河屋)

HG ガンダムキャリバーン



(あみあみ)


(DMM)


関連記事