fc2ブログ

HG プルタインガンダム レビュー

hg_plutine004.jpg
(↑の画像をクリックまたはタップでレビューへ)

今日のレビューはガンダムビルドメタバースシリーズよりHG プルタインガンダムです。
一通り惑星をモチーフにしたアーマーがリリースされたプラネッツシステムの機体ですが
今回は準惑星となった冥王星がモチーフの機体となっています。
コアガンダムもコアガンダムIIからコアガンダムII+にアップデートされ
EP装甲を意識したのか一部のアーマーにはエコプラが採用されている他、
これまでの機体やアーマーとも互換性があり単体でも高いプレイバリューのあるキットとなっています。




hg_plutine008.jpg
説明書の画像を使った簡単なランナーの紹介ですが
Aランナーはユーラヴェンなどに使われているマルチカラーのランナーが流用され
Bランナーもユーラヴェンを始めとする後期に登場したプラネッツシステムのキットランナーが使われています。


hg_plutine009.jpg
Cランナーはコアガンダムで使われているランナーでこれまでと共通。
DランナーはコアガンダムIIで追加されたフレームや各種パーツのランナーです。


hg_plutine010.jpg
Eランナーは新規となり変更された頭部の一部や前進翼になったディフェンサーのパーツがあります。
ベースが比較的新しいHGのキットという事もありABSは使われていません。


hg_plutine011.jpg
FランナーとGランナーはプルートアーマーに追加された新規のアーマーパーツや武装パーツとなります。
新規ランナーは合計4枚ありました。


hg_plutine012.jpg
後は汎用のサーベルとPC002のポリパーツがあります。
HGとしてはなかなかのボリュームのキットとなっていました。


レビュー本編はこちらか冒頭の画像をクリックまたはタップしてください。



関連記事