fc2ブログ

HGUC ガンダムGP03 デンドロビウム レビュー

hguc_dendorobium058.jpg
(↑の画像をクリックまたはタップでレビューへ)


今日のレビューはHGUCではトップクラスの大きさとなるキット、ガンダムGP03 デンドロビウムです。
先に発売されたステイメンと巨大なアームドベースオーキスがセットされ
大型キットならではの圧倒的な存在感が楽しめますし
コンテナや大型クローアームの展開なども再現されています。




hguc_dendorobium061.jpg
ランナーの紹介ですが今回は数が膨大なのでページごとに紹介します。
AからHランナーですがどれも基本的にはパーツ数は少なく巨大なパーツが配置されています。


hguc_dendorobium062.jpg
IからQランナー。
そのためランナーの数は多いのですがパーツ数は意外と少なく思ったよりは組みやすいです。


hguc_dendorobium063.jpg
RからWCランナーとポリパーツ。
可動部は多くありませんが一部にはポリキャップとABSが使われています。
またベースも機体にあわせた巨大な物ですが複雑な可動などはなく剛性重視です。



hguc_dendorobium064.jpg
後は金属フレームやスプリング、それにビスが大量にあります。
ビスを大量に使うので普通のガンプラとは異なる感じですね。


hguc_dendorobium065.jpg
こちらはステイメンのランナー。
基本的に単品版の流用ですがコアファイターが省略されていました。


それではレビュー本編は冒頭の画像かこちらをクリックまたはタップしてください。





関連記事