fc2ブログ

HGCE ライジングフリーダムガンダムを作る その3

2024021529834920934007.jpg
前回合わせ目処理を終わらせたHGCEライジングフリーダム。
残ったレールガンや肩の合わせ目なども乾燥したので消しておきました。
今回は翼やアンテナを尖らせていきます。





2024021529834920934001.jpg
HG枠なのでどうしても先端が丸くなっていくのでまずは目立つウイングの先端を尖らせます。
基本的にプラ板を貼って削り込むのですが、
そのままだと先端が丸く、接着しにくいですし接着しろを稼ぐためある程度平らに削っておきます。


2024021529834920934010.jpg
プラ板を貼り付けた写真を撮ったつもりが撮り忘れていたので脛のウイングで代用しています。すみません。
背中のウイングも同じように処理しています。
平らに削った部分に1mmプラ板の切れ端を適当に貼り付けます。
大きさは気にせずある程度余裕のある切れ端を貼っておきます。


2024021529834920934012.jpg
接着剤ですが瞬着などを使うと削っている時パキっと割れたりするので
Mr.セメントSPなど強力に溶着できる流し込み接着剤で接着しておくと安心です。
今回はやっていませんが不安なら極細の金属線を通したりしても良いと思います。


2024021529834920934011.jpg
乾燥したらしっかり切れるニッパーで大まかにカットしておきます。


2024021529834920934008.jpg
後は当て木をしたヤスリや目の細かい金属ヤスリなどで段差を整え尖らせます。


2024021529834920934006.jpg
先端部分やKPSはどうしても毛羽立ったりするのでスポンジヤスリを使い
軽く撫でるようにして毛羽立ちを取っておきます。


2024021529834920934009.jpg
後はこれを繰り返しウイング部分を尖らせました。
机から落としたりして破損させないようケースなどに入れて保管しておきます。


2024021529834920934002.jpg
アンテナも同様に先端を少し削り0.5mmプラ板の切れ端を貼っておきます。
同時にサフも薄く吹いておきます。


2024021529834920934003.jpg
後はウイングなどと同じく当て木などをしたヤスリや金属ヤスリでシャープに整えていきますが
アンテナは多数の面があるためそれぞれの面を交互に少しずつ削り先端を尖らせながらやすっていきます。
サフを薄く吹いておくと削った部分が分かりやすいため余計な部分を削ってしまう事が無くなります。
ヤスリの他、各種スクレーパーやデザインナイフでのカンナがけも加工しやすいです。


2024021529834920934004.jpg
それぞれの面を軽く削ったら再び薄くサフを吹き、
好みの尖り具合や薄さになるまで繰り返し削っていきます。
一気にやろうとすると修正が厳しくなったりするので自分は全体的に少しずつ削っています。


2024021529834920934005.jpg
これで頭部のアンテナもシャープになりました。
次回からもシャープ化やモールドの彫り直しなどをしつつ各パーツを仕上げていきます。

[広告](プレミアムバンダイ)
iconicon
劇場版公開記念パッケージ HG 1/144 ライジングフリーダムガンダム[クリアカラー]
・2024年2月20日 12時 受注開始

iconicon
劇場版公開記念パッケージ HG 1/144 デスティニーガンダムSpecII[クリアカラー]
・2024年2月20日 12時 受注開始

iconicon
【抽選販売】METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム フィン・ファンネル装備

(amazon)




B0CKDY2HXN B07MTZHCKF



(駿河屋)

HGCE ライジングフリーダム



(あみあみ)

・ガンプラ予約 再販予約各種

(DMM)


関連記事