fc2ブログ

HGCE ライジングフリーダムガンダムを作る その5

2024030723904809782001.jpg
前回は脚部の延長をしたHGCEライジングフリーダム。
今回は機首周りの表面処理や一部小さいパーツの作り直しなどを進めていきます。




2024030723904809782002.jpg
まずは機首周りの小羽ですがこちらはHGという事もあり厚いので側面を薄く削ります。
先端部分も丸いのでプラ板を貼って尖らせる事にしました。


2024030723904809782013.jpg
翼の先端など一部折れ線形になっているパーツはどうしても削っていると丸くしてしまいがちです。
そういった場合マスキングテープなどで削りたくない角部分を保護しておくと失敗しにくくなります。


2024030723904809782007.jpg
延長部分も整えつつ翼のフチを両面から薄く削り仕上げます。


2024030723904809782008.jpg
機首はパーツが上下分割になっていますが分割線部分に段落ちモールドを付けておきました。


2024030723904809782009.jpg
2024030723904809782012.jpg
後は一体成型されているセンサー部分など各ユニットが重なり合っているような部分をタガネやニードルなどで彫り込んでおきます。
彫り込んで墨入れすると別パーツになっているように見せる事ができます。
左右の青いブースターなども同様に表面処理しつつ彫り込んでおきました。


2024030723904809782004.jpg
シュトゥルムスヴァーハーの砲身パーツですがこちらはカッチリした感じを出したいので細かいヒケをしっかり取っておきます。
白い成型色だと見つけにくかったりしますが
パーツの裏側を見るとダボ穴やリブがあり、その部分はどうしても多少ヒケてしまいます。


2024030723904809782005.jpg
そのままだと分かりにくいのでサフを軽く吹いてから削ると凹んでいる部分が浮き上がります。


2024030723904809782010.jpg
ただヒケ自体はそこまで酷い所はなくヤスリがけするだけで十分取れます。
ヤスリがけだと形が変わってしまいそうな場合はラッカーパテなどを使い修正します。


2024030723904809782003.jpg
シュトゥルムスヴァーハーの基部パーツにはダクトモールドがあるのですが、
中央にパーティングラインが走り段差も出来てしまっています。
このパーツ自体が小さく、ヤスリで処理するのが面倒なので丸ごと作りなおしておきます。


20240307239048091782001.jpg
2024030723904809782006.jpg
サイズを合わせCADでパーツを設計し3Dプリンタで印刷。
無くしそうな大きさなので予備もまとめて印刷しておきます。
後は元のモールドを削り落として接着します。


2024030723904809782011.jpg
塗装した後接着するので軽く取り付けただけですがこのようになります。
別パーツ化したので塗り分けも楽になりました。
次回も他のパーツを表面処理しつつ塗装に向けて進めていこうと思います。

[広告](プレミアムバンダイ)
iconicon
超合金 ガンダム・キャリバーン

iconicon
ROBOT魂 シュバルゼッテ

(amazon)




HG 機動戦士ガンダムSEED DESTINY デストロイガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HG 機動戦士ガンダムSEED DESTINY デストロイガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

¥19,800円 (2024-03-07時点)









B0CT9THRZZ B01KZ0A14O



(駿河屋)

HGCE ライジングフリーダム

駿河屋 新品特価プラモデル特集

(あみあみ)

・ガンプラ予約 再販予約各種

(DMM)


関連記事