fc2ブログ

HGCE ライジングフリーダムガンダムを作る その6

20240314890809384012.jpg
前回バックパック周りの作業を進めていたライジングフリーダム。
今回は胴体のパーツを進めていきます。




20240314890809384006.jpg
胴体もいつも通り各ダクトなどが別パーツっぽく見えるよう境目を彫り込んでおきます。
同時にヤスリがけもして細かいヒケを取り平面を出しておきます。


20240314890809384003.jpg
20240314890809384007.jpg
胸部の赤いパーツは先端をシャープに見せたかったのでプラ板を貼って削り込んでおきました。


20240314890809384008.jpg
腹部横のダクト部分はちょっとモールドが浅めに見えたので彫り込んで深くしておきました。
後で何かダクトモールドでも埋め込んでおこうと思い深めにしておきました。


20240314890809384009.jpg
一通りヤスリがけやモールド彫り直しもしたので次は腰部の裏打ちを作ります。


202403148908093841001.jpg
フロントアーマーとリアアーマーの裏打ちパーツを作りますが、
まずは各部を採寸して簡単な蓋パーツを作ります。
フロントアーマーのように複雑な形状になっている所は一度写真を撮り、
作業画面に取り込んで作業すると楽です。


20240314890809384002.jpg
20240314890809384005.jpg
ただ複雑な形状はどうしてもズレが出る場合が多いので
微調整しつつきちんと合うように設計します。


202403148908093841002.jpg
形状が決まったらディテールを好みで付け足していきます。
3Dプリンタは片面だけ作れば左右対称のパーツがさくっと用意できるのでそのあたりはかなり楽です。


20240314890809384010.jpg
後は3Dプリンタで印刷します。
レジンはいつも通り高靱性水洗いレジンを使っています。
高靱性タイプは細く薄いパーツもかなり欠けにくいのでフロントアーマーのような形状を作る際に便利です。
水洗いレジンは名前通り水洗い出来るので扱いが楽なんですが、
水で洗浄するよりアルコールで洗浄した方が反らないので薄いパーツはアルコールで洗ってます。


20240314890809384011.jpg
これで腰アーマーの裏打ちパーツも作り終わりました。
次回は腕部やディテールの追加などを進めていきます。


[広告](プレミアムバンダイ)
iconicon
HG エンゲージガンダム【2次】

iconicon
HGCE ダークダガーL【2次】

(amazon)


HG 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM ライジングフリーダムガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HG 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM ライジングフリーダムガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

¥3,800 (中古品)円 (2024-03-14時点)

5つ星のうち4.6









SDW HEROES 天下無双大将軍 色分け済みプラモデル


SDW HEROES 天下無双大将軍 色分け済みプラモデル

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

¥1,760円 (2024-03-14時点)





B0CJLH5VGNB0CV9TJDBK


(駿河屋)

HGCE ライジングフリーダム

駿河屋 新品特価プラモデル特集

(あみあみ)

・ガンプラ予約 再販予約各種

(DMM)


関連記事