fc2ブログ

高精度サークルカッター DSPIAE(ディスペイ) MT-EC レビュー

202404023897894038001.jpg
今まで安いコンパスカッターを使っていたのですが、
今回1mm~45mmまで高精度な円形カットが出来るディスペイのサークルカッターを買ってみました。
価格は輸入品のためか店によってまちまちですが
安い所で4,400円程、大体の店だと6,000円~7,000円前後で売られている事が多いようです。
こちらは安価なタイプですがロケーター(狙った場所を切り出すための治具)が使える高価なVerもあります。


202404023897894038002.jpg
箱を開けると樹脂製の収納ケースに本体が入っています。


202404023897894038003.jpg
他の付属品は各所のネジなどを締めるための六角レンチとブレードが1本のみとなります。


202404023897894038004.jpg
こちらが本体です。アルマイト加工された綺麗な本体で大部分が金属製となっていてズシっとした重さがあります。
重さは191gほどでした。
特徴的なのは外周に巨大なベアリングが組み込まれていてこのベアリングを使う事で高精度なカットが可能になっています。


202404023897894038005.jpg
裏面には滑り止めのゴムシートがありこちらはカット済の物を自分で貼り付けます。
中央にある穴はブレードを挿し込むための穴です。


202404023897894038006.jpg
いつも使っていたサークルカッターやHGUCガンダムと並べて大きさ比較。
しっかりした作りではありますが邪魔になるサイズではなく使いやすいと思います。


202404023897894038007.jpg
コンパスカッターなどと違い最初はちょっと使い慣れない構造で慣れが必要な所があります。
まずはサイズ固定用ツマミを緩め、矢印状になっている部分と目盛りを合わせ半径を決定。
例えば1mmの所に矢印を合わせると半径1mmとなり2mmの円をカットできます。


202404023897894038011.jpg
202404023897894038010.jpg
続いて付属のブレードは保護キャップを外し刃状になっている部分を下にして本体中央の穴に挿し込みます。


202404023897894038008.jpg
挿し込む部分は分解するとこのようになっていて
スプリングの間のネオジム磁石が刃を固定し、スプリングで飛び出た刃を収納する形となっています。
マグネット接続のため簡単に取り外し可能ですが、収納時はブレードを一度取り外してケースに入れる必要があります。


202404023897894038013.jpg
202404023897894038012.jpg
後は黒いツマミ部分を回し、刃の飛び出し具合を調整します。
より多く刃を出せばスプリングのテンションが強くなり対象により強く当たるようになりますが
マスキングテープぐらいの薄い物だったら2~3mmぐらい出しておけば十分でした。
もちろん替え刃も売っています。


202404023897894038017.jpg
後はカットしたい物の上に乗せ、ハンドルを持って回します。
そうすると外周のベアリング部分がぐるっと回転する事でカット出来ます。
今回はマスキングテープを使っていますが0.4mm以下のプラ板などもカットできます。
ただし金属などはカットできません。
ベアリングは静かかつ滑らかに回転しガタツキやブレは皆無でした。


202404023897894038022.jpg
202404023897894038023.jpg
通常のコンパスカッターだとどうしても針の角度が安定せず、画像のように失敗してしまったりする事が結構ありますし
中央に針の穴が開いてしまうのですが


202404023897894038019.jpg
202404023897894038021.jpg
こちらはかなりの精度で丸いマスキングテープを切り出す事が出来ます。
中央に穴が開く事もありません。


202404023897894038024.jpg
202404023897894038025.jpg
最大幅の45mmでカットするためマスキングテープを一部重ねてカットしてみましたが
問題なく綺麗にカットできました。


202404023897894038016.jpg
続いて最小幅の1mm。こちらはある程度慣れが必要でした。
特に何も考えずカットしてしまうとこんな感じで歪んでしまうのですが


2024040238978940380267.jpg
ブレード部分を進行方向に合わせ、
さらにブレードのツマミを緩くして刃がマスキングテープに軽く当たるようにし、数回回してカットするようにすると


2024040238978940380268.jpg
こんな感じで上手くいきました。
特別難しい事は無いので数回試してみればすぐ慣れると思います。



動作が分かりやすいように動画にしてみました。(無音です)
適度な重さがあり、マスキングテープぐらいなら安定した所に置けば指一本でハンドルを回してカットできます。


202404023897894038026.jpg
以上高精度サークルカッター DSPIAE(ディスペイ) MT-EC レビューでした。
今までのサークルカッターだとどうしても回転させる時にブレが出て失敗する事があったのですが
こちらは大径のベアリングを回しながらカットするという方式で高精度なカットが可能です。
サイズも比較的融通が効き、模型製作で使う場合大部分はカバーできると思います。
ガンプラだとモノアイや丸型センサー、バーニアの塗り分けなど円形のマスキングテープを使う所は意外と多いですし薄いプラ板もカット可能。
値段は高いのですがかなり快適に作業できるツールになっていました。


[広告](プレミアムバンダイ)
iconicon
30MS レプレロ=プローペン(スケルツァンドフォーム)

iconicon
HG エンゲージガンダム【2次】

(amazon)
・集英社Kindle最大50%ポイント還元セール





ディスペイ サークルカッター ホビー用工具 DSPMT-C


ディスペイ サークルカッター ホビー用工具 DSPMT-C

ディスペイ(Dspiae)

¥12,830円 (2024-04-02時点)

5つ星のうち4.0


B0CYFYPB77 B0787QHTTF


(あみあみ)

サークルカッター (入門用)[DSPIAE]


サークルカッター [DSPIAE]

(駿河屋)

ディスペイ 塗料・工具 模型用スターターツールセット

駿河屋あんしん&らくらく買取

(DMM)


関連記事